玄米菜食(マクロビ)で体質改善!

玄米菜食をご存知でしょうか?

玄米菜食とはマクロビオティックとも呼ばれ、健康的な食事法の一つです。

 

体に本当に必要なものだけを食べる健康法なので、ダイエット効果や美容効果、そして生活習慣病の予防なども期待できます。

 

今回は、そんなマクロビについてご紹介します。

マクロビオティック(玄米菜食)とは?

マクロビオティックとは、マクロ(大きな)とビオティック(生命学)を組み合わせた合成語です。

名前から海外発祥のように思われがちですが、日本人の桜沢如一氏が提唱したものです。

 

マクロビオティック (Macrobiotic) は、従来の食養に、桜沢如一による陰陽の理論を交えた食事法ないし思想である。長寿法を意味する。玄米、全粒粉を主食とし、主に豆類、野菜、海草類から組み立てられた食事である。身土不二、陰陽調和、一物全体といった独自の哲学を持つ。運動創始者の桜沢如一は、石塚左玄の玄米を主食とした食事法のための食養会に所属し会長も務めた後、思想を発展させ、また民間運動として世界に普及させた。他の呼称に玄米菜食穀物菜食自然食食養正食マクロビマクロマクロバイオティックがある。

wikipediaより

 

身土不二(しんどふじ)とは、「身体と土地は一体である」という考え方で、その土地で採れたものを食べるのが身体に一番いいということを意味します。

 

一物全体(いちぶつぜんたい)とは、すべてを一つのまとまりとして考える考え方で、何でも丸ごと食べることがよいという意味です。

 

つまり、マクロビは自然のものをそのままに近い状態で食べる健康法です。

 

マクロビの方法とは?

それではマクロビの具体的な方法をご紹介します。

 

食べ物の割合は?

まず、食べるものの割合はこのようになっています。

マクロビの食べ物の割合

  • 玄米、雑穀などの穀物 4~6割
  • 根菜を中心とした野菜類 2~3割
  • 豆類、海藻類 0.5~1割

主食は玄米や雑穀、全粒粉の小麦製品など

自然のものを丸ごと食べるのがマクロビの原則です。

そのため、主食は白米よりも玄米を食べるようにしましょう。

そのほか雑穀、全粒粉の小麦製品なども推奨されています

 

野菜は旬のものを丸ごと

口に入れる野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類は、有機農産物や自然農法による食品が望ましいとされています。

 

そしてなるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの旬の食べものを食べるようにしましょう。

自然のまま十分に栄養を摂取するため、皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと食べるのがポイントです。

 

また、調理の際は食品のアクも取り除かないようにしてください。

 

調味料は自然のものを

マクロビ生活では極力精製された食品は控えましょう。

そのため、砂糖は米飴・甘酒・甜菜糖・メープルシロップなどで代用してください。

塩はにがりを含んだ自然塩を用いるとよいでしょう。

 

鰹節や煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用せず、昆布や椎茸で出汁をとるのが望ましいです。

 

動物性タンパク質は適度に

厳格にマクロビを行う場合、肉類や卵、乳製品は食べないものとされています。

しかし、それでは鉄分やビタミンB群が不足して、体を壊す可能性があります。

 

アメリカがん協会では栄養失調の恐れがあるとして、厳格なマクロビ実践者に警鐘を鳴らしているほどです。

 

週に1~2度は肉や魚などの動物性タンパク質を摂るようにしましょう。

 

コーヒーなどの体を冷やす飲み物は避ける

マクロビでは体を冷やす飲み物を控えることが必要です。

コーヒーやアルコールは避けてください。

 

どうしてもコーヒーが飲みたい方は玄米コーヒーがおすすめです。

【レシピあり】玄米コーヒー人気ランキング

玄米コーヒーのレシピとおすすめ商品

マクロビはダイエットや生活習慣病予防に効果的

マクロビを実践した人による、マクロビの効果を調べてみました。

 

便秘解消でダイエット・美肌効果

マクロビの主食は食物繊維が豊富な玄米です。

食物繊維は腸の中にたまった老廃物を排出する働きがあり、便秘の改善効果があります。

マクロビにより便秘が解消できれば、ダイエットや美肌効果が期待できます。

 

冷え性など体質の改善

マクロビは体を冷やす食べ物を避ける食事法なので、冷えの改善効果があります。

そして「冷えは万病のもと」と呼ばれるように、冷えが改善すると体の調子が良くなることがあります。

体が軽くなる、だるさがなくなるなどの効果がある人もいるようですよ。

 

生活習慣病の予防

現代人の食事は塩分と脂質の摂り過ぎによる生活習慣病が問題になっています。

マクロビにより動物性タンパク質や塩分が減ることによって、コレステロールなどの減少が期待され、生活習慣病の予防につながります。

 

マクロビの注意点

マクロビというと、とてもストイックに節制してしまう人がいるようですが、それでは体を壊してしまいます。

 

マクロビは自然に合わせた食事法。

「絶対に食べてはいけないもの」はありません。

 

栄養価の高い旬の食べ物、その土地や気候に合った食生活を取り入れるのがマクロビオティックです。

体の状態を見ながら、ゆるく始めてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

玄米をつかったマクロビオティック。

昔ながらの日本人の食生活に近いものなので、体に合う人は多いと思います。

 

今食べている食生活が体に合わないと感じている人は、是非実践してみてはいかがでしょうか?

 




この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ

i2i