玄米で便秘に!?治らない便秘の原因と対策は?

玄米は便秘解消に役立つ食材として知られています。

 

しかし、

「玄米で便秘が治らない」

「むしろ玄米で悪化した」

という声もあります。

 

便秘が治る場合と悪化する場合、何が違うのでしょうか?

便秘悪化の理由は不溶性食物繊維かも

便秘を治すには食物繊維を摂るといいと言われていますよね。

玄米も食物繊維が豊富で、これにより便秘解消の効果が期待されてします。

 

しかし、食物繊維は便秘を悪化させることもあるのです。

 

「改善させるのに悪化させる?」

と疑問に思われるかもしれません。

 

この謎をとくカギは食物繊維の種類にあります。

食物繊維にはこの2種類があります。

水溶性の食物繊維:便を柔らかくする働き
不溶性の食物繊維:便のかさを増やす働き

玄米の不溶性食物繊維は、白米の約4倍です。

玄米を食べて便秘が悪化した人は、不溶性食物繊維によって便が多くなり、出にくくなった可能性があります。

玄米には水溶性食物繊維も含まれますが、それが不足しているのかもしれません。

 

【玄米と白米の食物繊維の比較表】(可食部100g当たり)

玄米 白米
水溶性食物繊維(g) 0.2 0
不溶性食物繊維(g) 1.2 0.3
総量(g) 1.4 0.3

「七訂 食品成分表2016」より

 

玄米と一緒に水溶性食物繊維を摂ろう

 

不溶性食物繊維によって便秘が悪化した人が取るべき対策は、水溶性食物繊維を増やすことです。

 

水溶性食物繊維は納豆やメカブなど、ネバネバ食材に豊富に含まれています。

これらを玄米と一緒に食べるようにすると効果的です。

 

納豆ご飯にしたり、お味噌汁にわかめを入れてみたりすると自然に取り入れることができます。

 

【水溶性食物繊維】

ペクチン: リンゴ、ミカン等の果物、芋類、 キャベツや大根等の野菜類
ヘミセルロース :こんぶやわかめなどの海藻類等
ガム質: 大豆やカラス麦等の麦類、海藻類等

引用:松島ランドマーククリニック

 

 

水溶性食物繊維をたっぷり摂るレシピ

 

オクラ納豆

【材料】

・オクラ 4〜5本
・納豆 1パック
・納豆のタレまたはめんつゆ 大さじ1/2

【作り方】
1.オクラは切らずに塩もみする。

2.塩がついた状態のオクラを熱湯で2分ほどゆで、ざる上げして氷水か冷水に入れて冷ます。

3.オクラは5〜6㎜幅の輪切りに切る。

4.納豆にタレを入れて混ぜ、オクラと混ぜ合わせる。

 

玄米ご飯にかけてもおいしいオクラ納豆の出来上がりです!

 

まとめ

便秘を治そうと思って始めた玄米で便秘が悪化したら嫌ですよね。

是非水溶性食物繊維を取り入れてみてください。

 




この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ

i2i