炊飯器や圧力鍋で! 発芽玄米の炊き方

毎日食べているものを、より健康的なものに置き換えてみるだけで、簡単にダイエット効果を得ることが出来ます。

毎日の食卓に並ぶ白米を玄米に置き換えてみてはいかがでしょうか?

 

そこで、自宅で出来る玄米の炊き方をご紹介したいと思います!

玄米を発芽させるとGABAがアップ!

発芽玄米をご存知でしょうか?

その名の通り、玄米を発芽させたものです。

玄米は水につけておくと胚芽の部分がぷくっと膨らみ、2日ほどで芽が出てきます。

 

玄米を発芽させるとGABA(ギャバ)という物質が増え、中性脂肪の増加を抑える効果などが高まります。

 

さらに、水につけておくことで柔らかくなり、おいしくなります。

時間がかかりますが、発芽玄米にしたほうが絶対お得です。

 

自宅で玄米を発芽させる方法

今回使うのは玄米専門店「結わえる」で買った玄米です。

たくさんの商品がありますが、そのなかでも一番オーソドックスなこちらの商品を使いました。

※袋に水滴が落ちてしまいました。写真が汚くてすみません・・・

「結わえるブレンド」【結わえる公式】

(コシヒカリ、あきたこまち、ミルキークイーンをブレンドさせたオーソドックスな商品です。)

それでは発芽させていきます!

 

玄米をざるに入れます。

今回は2合炊きます。

 

まだ発芽していない状態の玄米はこんな感じです。

 

ざるに水を入れ、洗います。

2~3回水を変えながら、手でもみこむように洗って下さい。

 

玄米から3cmほど高くまで水をいれてラップをし、冷蔵庫に入れて下さい。

朝と晩に水を替えながら8時間ほど浸水させておきましょう。

 

冷蔵庫で寝かせて2日経過しました。

水につけこむことで、白くなりぷくっとしました。

 

全体を見ても、最初と比べて白くつやつやになったのが分かると思います。

 

雑穀を入れて炊けば栄養価UP!

雑穀と一緒に炊くと雑穀米を作ることができます。

ダイエット効果をアップさせるために、お好みで雑穀を加えてみてはいかがでしょうか?

【ホクホク食感】

●小豆:ポリフェノールや食物繊維が豊富。アンチエイジング、便秘解消に

●黒豆:アントシアニンやポリフェノールが豊富。肥満改善、脂肪改善に

 

【噛み応えのある食感】

●ハトムギ:ヨクイニンという生薬としても利用される。美容効果あり

 

【プチプチ・もちもち食感】

●押し麦:大麦からつくられる雑穀。便秘解消に効果的

 

玄米を自宅で炊く方法

自宅で玄米を炊くには、炊飯器を使う方法と圧力鍋を使う方法の2種類があります。

 

炊飯器で炊く方法

玄米が発芽したら、炊飯の準備をしていきます。

玄米は圧力鍋で炊くのが一般的ですが、ご自宅の炊飯器に「玄米モード」があれば炊飯器でも炊けます。

 

今回は小豆を入れて炊いていきます。

雑穀の量は玄米1合に対して雑穀が大さじ2杯が目安です。

他の雑穀でも同様です。

 

泡立て器でシャカシャカとかき混ぜ、3回~4回水を変えながらお米を洗います。

泡立て器を使うのは、玄米の表面に傷をつけて柔らかくするためです。

 

その後、玄米が浸る量の水を入れて、約1 時間浸水させてから水を切って下さい。

 

そして玄米を炊飯釜に入れ、目盛りの分量の水と塩(ひとつまみ)を入れます。

 

そして「玄米モード」を選択し、炊飯スタート!

 

 

------70分後-----

炊けました!

開けるとこんな感じです。

ふっくら炊けていますが、この状態だとパサパサしています。

 

チャーハンなどを作る場合はパサパサの方が食べやすいのでこのままがいいでしょう。

もちもちの食感がお好みの方は炊飯器で寝かせてください。

 

 

圧力鍋で炊く方法

圧力鍋で炊くとよりもっちりと柔らかく仕上がります。

玄米専門ショップ「結わえる」のサイトに詳しので、リンクを張っておきます。

圧力鍋で玄米を炊く方法

玄米が苦手な方は白米との混合で

 

玄米の独特の香りが苦手な方は、まず白米と混ぜて炊くのをおすすめします。

 

白米と玄米を混ぜる割合は2:1から

玄米が苦手な方は白米:玄米=2:1ぐらいの割合から始めてみるといいでしょう。

このぐらいのブレンドであれば、玄米のクセはほとんど感じません。

少しづつ玄米を増やしてお好みのブレンドを見つけてみてください。

 

炊飯は通常の白米モードで

炊飯器はお使いの炊飯器で構いません。

ここでのポイントは、玄米モードではなく、白米モードで炊くこと

 

玄米モードで炊くと白米がふっくら炊きあがりません。

白米モードで炊くようにしてください。

 

一週間に2回のペースで

何日も浸水させたり保温させたりしていると、どういうペースで炊けばいいのかわからなくなったりしますよね。

玄米生活は、大量に炊いてこまめに消費していくのが重要です。

一週間に2回ほど、水曜日と日曜日など曜日を決めて炊くとペースがつかみやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

手順をおさらいするとこのようになっています。

【玄米の炊き方】

  1. 8時間以上浸水させて発芽させる。
  2. 炊飯

時間はかかるのですが、方法自体は簡単です。

 

ただ、前もって準備しなければならないので、計画的に作る必要があります。

炊くの間に合わなかった!という時のために、レトルトパックを用意しておくと便利です。

生活習慣に合わせて自宅で炊いたものとレトルトを併用すると楽です。

おすすめ商品

 

また、炊き立てのパサパサした食感が苦手な方は酵素玄米にするのもおすすめです。

ふっくらもちもちの食感になります。

酵素玄米の作り方

 

是非お試しください。

 




ページの先頭へ

i2i